あざやシミの治療|目元にできた黒いクマを治すなら血行や美容に気を配ろう

目元にできた黒いクマを治すなら血行や美容に気を配ろう

あざやシミの治療

美容整形

最新の無痛治療

顔にできるほくろやクマなどは生まれつきのものが多いので、子供のころに治療するイメージがありますが、大人でもレーザー治療は受けることが出来ます。目の下などにできやすいクマは目をこすったり、寝不足や血行不良などによってできやすく顔の印象を大きく左右します。一度できたクマは化粧品では元に戻りません。メイクでもごまかせますが実年齢よりも老けて見えてしまいます。ですが症状と色、大きさなどに応じて適切なレーザー治療によって除去することが可能です。目元の下部分に出来やすい茶系のクマは真皮層にメラニン色素が蓄積した状態です。数回のレーザー治療で殆ど完治します。またアザなどは真皮内部の血管腫が主な原因となるものでレーザー照射で血液のヘモグロビンに影響を与えていきます。こちらも数回の治療で薄くなっていきます。

保険適用も多数

クマを目立たなくする施術方法は、瞼の下を中心にコラーゲン線維を作る細胞をレーザーで照射していきます。施術時間は数分程度です。すると皮膚が薄いかさぶたのようになり、大体一週間ほどでかさぶたは取れてきます。照射後は白くなりますが、色素沈着も消えてクマも周囲の色に溶け込み目立たなくなります。この他にも患部を冷却する方法や局所麻酔パッチによって痛みや腫れを和らげることが可能です。美容皮膚科でも治療は可能ですが、皮膚科で診察をうければ健康を取り戻す医療ということで、保険が適応になる場合もあります。またクマには成人後、加齢や生活習慣によってできる場合もあります。シミと間違えやすいので注意が必要です。クマかシミなのか判別は難しいので医師の診察を受けてください。